URL削除機能を利用していますか?

検索エンジンのグーグルは、ホームページ内の不要なページを検索エンジンに表示させないために、ホームページ内のURL削除機能を実装しています。

この度このURL削除機能がリニューアルされ、グーグルサーチコンソールに実装をされました。

URL削除機能を利用することで、グーグルの検索結果ページに不要なページが表示されなくなり、本当に役立つコンテンツのみが表示されます。

また、さらにはホームページ運営者にとっても効果的なツールになり、URL削除機能を利用することで、グーグルがホームページ内の評価を行うときに、不要なページまで巡回しなくて良くなり、ウェブサイトの認識効率が向上します。

そのため、現在ホームページ内に不要なページがある場合は、このURL削除機能を利用して、削除していくようにしましょう。

グーグルサーチコンソールの導入

URL削除機能を利用する前に、まずはグーグルサーチコンソールを導入しなくてはなりません。

もともと、URL削除機能はすでに提供されていましたが、今回のURL削除機能のリニューアルでグーグルサーチコンソール内に表示されるようになっているため、グーグルサーチコンソールを導入していない場合は利用することができません。

グーグルサーチコンソールの導入は非常に簡単に行えるので、まだ導入されていない場合は、必ず導入していくようにしましょう。

URL短縮機能の変更点

URL短縮機能の変更点をご紹介します。

短期間の削除ができる

URL短縮機能では、一時的な削除と言われる機能があり、この機能を利用することで、6ヶ月間ホームページが検索結果ページに表示されなくなります。

こちらで削除したページは6ヶ月後にはグーグルの検索結果ページに表示されるようになりますが、どれくらいSEO効果が落ちているのか、あるいはそのままなのかは現在は不明です。

しかし、一定期間ホームページが不要になった場合や、もう検索エンジンからの訪問者の獲得が不要な場合については、こちらの機能を使って削除するようにしましょう。

6ヶ月後にさらなる申請を行わなくては検索結果に表示されてしまいますが、もし申請を忘れてしまいそうなどの不安点がある場合は、そのページのヘッド内にnoindexタグなどを入れることで、おそらく検索結果ページに表示されなくなるようになります。

キャッシュの削除

グーグルのキャッシュを削除することが可能です。

こちらのキャッシュの削除ではURL自体はまだグーグルが把握しているため、検索結果ページから消えるということはありませんが、ホームページの全データを差し替えた場合などについては、こちらの機能を利用して、新しいURLを認識してもらうようにしなくてはなりません。

ただし、こちらの機能はわざわざ削除しなくても、グーグルのホームページ情報収集ロボットが訪れれば自動で上書きされるため、行う必要はありませんし、URLが変更する場合はリダイレクトを行うため、あまりこちらの機能は利用する機能がないかもしれません。

通報をチェック

セーフサーチフィルタリングと言う項目を見ることで、通報されたページのリストが表示されます。

一般的には、通報されるということはないと思いますが、万が一通報されていた場合は、こちらのページを参考に問題点を改善しなくてはなりません。

主にコンテンツ内容の一新を行うことで、リストから外れると思いますので、ここに表示されているページは必ずコンテンツ内容を一新していくようにしましょう。

また、これらのコンテンツにページが表示されているのに改善を行わなかった場合は、そのページはアダルトコンテンツとしてグーグルに見なされてしまうため、注意が必要です。

ホームページ運営にはグーグルサーチコンソールが必須

ホームページ運営を行われている方は、ますますグーグルサーチコンソールを導入しなくてはならなくなりました。

セーフサーチフィルタリングのチェックはすべてのホームページ運営者が確認をすべき項目となっており、自分のホームページでは特に問題がないと思っていても、通報が原因でそのページの価値を落としてしまっている可能性もあるためです。

グーグルサーチコンソールは導入が非常に簡単に行えるため、まだ導入されていない方はぜひこの機会に導入をして、データに基づくホームページ運営を行われてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました