トップページ作成で必要な内容

トップページの作成は非常に難しいものになります。

このトップページ作成で大切なのは、デザインはもちろんですが、そこに掲載する内容になっており、どのような内容を掲載したら、トップページから訪れたユーザがお問い合わせを行ってくれるのでしょうか。

さらには、現在のSEO対策ではボリュームも評価対象になるため、トップページでは一般的に比較的ビッグワードでの上位表示を狙うため、何とかしてSEO評価を高めたいと思いますので、ある程度のボリュームを持って作成しなくてはなりません。

そこで今回は、トップページに表示させる内容についてご紹介をいたします。

トップページ作成とは

トップページ作成とは、そのままの意味で、ホームページのトップページを作成することを言います。

ホームページ作成なら大阪のセブンデザイン

こちらは一般的に弊社が作成するホームページの形になっており、中ページの内容の抜粋をトップページに表示させており、興味関心がある場合については、抜粋を見て深く情報を見てもらうためにリンクを設置しております。

現在のホームページ作成ではこのパターンが大半になると思いますが、このレイアウトの場合文字数があるとデザイン力が弱くなり、逆にデザインを重視するとコンテンツが足りないという問題が発生します。

文字数とデザインのバランス

ホームページ作成のデザイン作成において、文字数とデザインのバランスは常に問題になります。

一般的にデザイン力を重視したい場合は、ある程度文字数を減らしていく必要がありますが、そうすると文字数が少なくなるので、SEO作業が非常に大変になってきます。

しかし、文字数があるホームページの場合においては、デザインが単調になったり、レイアウトが中々取れないということもあるので、ここでしっかりとレイアウトについて検討をすることが大切になってきます。

そうすることで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのですが、これらのバランスを取ったデザインを作成することは非常に時間のかかるものになるため、そんなに簡単には行きません。

そのため、これらをしっかりと定めてホームページを作成することで、ホームページ作成は期待以上の成果を生み出し、御社の期待を超えるのです。

中ページの抜粋以外のほうが良い

基本的に弊社では結構納期などの問題もあるので、トップページには中ページの抜粋を表示させておりますが、もしある程度広告について考えたことがある担当者様の場合は、トップページも完全にオリジナルの内容で掲載したほうが良いと思います。

これまでホームページを作成してきた結果ですが、トップページを抜粋にすると確かに多少デザイン作成が容易だったりするのですが、その独自の情報を掲載することは非常に難しいものになってきます。

これらをしっかりと検討することで、ホームページは飛躍的にその効果を高めることが可能になり、御社の期待を超えるものになるのです。

また抜粋以外の場合は、原稿も中ページと大きく変わるため、検索エンジンからの評価も高まりますし、もちろん抜粋ではないにしてもしっかりと内容を記述して、中ページと関連性を持たせることで、本当に効果的なホームページを作成できます。

トップページの文字数はどうすれば良いのか

では、グーグルがトップページの文字数をカウントしているというと、何文字あればいいのかと聞かれることが多いのですが、それはライバルサイト、自社が上位表示を狙っているキーワードで検索をしたときに1ページ目に表示されるホームページの文字数から算出すると良いでしょう。

例えば弊社のホームページであれば、1ページ目のホームページの文字数は大体が5000文字になっており、中には1万文字のホームページもありました。

平均を出していくと7,000文字になっていたのですが、さすがに7000文字は長すぎるなと判断したので、弊社でも5,000文字にとどめて原稿を作成いたしました。

このようにトップページの文字数については、ライバルサイトで上位に表示しているホームページから算出するとよく、これらを徹底して行うことで、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

また、このトップページについては落とし穴が一つあり、それはALT属性も含むということと、テンプレート化はあまりしないほうが良いというものになります。

テンプレートはグーグルがテンプレートと認識するので、価値を落とされますし、またALT属性にしてしまうのは現状では問題はないのですが、しかしグーグルがある日突然テキストの方を重要だとした場合に、一気にトップページの評価が落ちてしまうことがあります。

このように文字数についてはしっかりとユーザの目に入るように、ウェブページに表示させることが大切になり、それがホームページ作成でもっとも難しいポイントになってくるのです。

トップページは文字数とデザインで判断

現在のホームページ作成においては、本当にトップページ作成は難しいものだと思われます。

特に文字数がSEOの重要指標の一つになっているため、ホームページ運営での被リンク数を減らすと考えた場合には、文字数を増やしたほうが後々楽になってきます。

これらを徹底して考えて行うことで、ホームページ作成の成果は飛躍的に高まるので、しっかりと検討をしていかなくてはなりません。

これからホームページ作成を行われる方は、是非これらを実施しより成果の出るホームページ作成を行われることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました