サテライトサイトでSEO効果を向上

ホームページを制作したら、定期的な更新や改定を行い、SEOの成果向上を図られていることかと思います。

しかし、どんなにホームページを更新してもなかなか期待通りの成果を得ることができず、お悩みの企業さまも多いのではないでしょうか。

SEOには、内部対策と外部対策があり、内部対策だけではなかなか期待通りの成果を得ることができず、外部対策も合わせて行う必要があります。

そこで今回は、期待通りの成果の出るホームページを制作したいとお考えの方のために、本当に成果の出るSEO対策の手法についてご紹介をいたします。

SEOの内部と外部

これからSEOを実施される方は、SEOには内部対策と外部対策があることを知っておかなくてはなりません。

内部SEO

内部SEOとは、ホームページ作成段階で行うSEOのことを言い、通常はホームページ作成会社が行ってくれるSEOのことを言います。

具体的な対策法としては、検索エンジンが認識しやすいソースコードの記述や、内部リンク構造の構築、テキスト作成、画像の貼り付け、公開後の検索エンジンの認識対策などが当たります。

先述した通り、これらの作業は、ホームページ作成会社が行ってくれるため、お客さま自身で行う作業はありませんが、最低限の知識を得て自分のホームページが内部SEOに対応できているかのチェックを行える用意しておかなくてはなりません。

外部SEO

外部SEOとは、ホームページ作成後に行うSEOのことを言い、他のウェブサイトからのリンクを集めることを言います。

対策としては、大きく分けて2つの方法があり、質の高いコンテンツを作成することで、インターネットユーザが自然とリンクを張りたくなるホームページを制作することと、自分自身でサテライトサイトと言われる外部のホームページを作成し、そこから本体サイトへとリンクを張ります。

通常外部SEOは、自作自演ではあまり行わないほうが良いと言われていますが、サテライトサイトではサービスや製品に絞ったホームページを作成し、またすべてのページからリンクを張るなどの行為を行わないようにすることで非常に効果的な被リンクとすることが可能です。

一般的にサテライトサイトの制作法は、ホームページ作成会社にビジネスブログなどの制作を依頼し、日々の業務の合間にブログの更新をすることが一般的になります。

効果的なサテライトサイト作成法

効果的なサテライトサイトの作成法についてご紹介をいたします。

作成するホームページ

ホームページを制作する際には、どのようなホームページを制作するかを検討しなくてはなりません。

例えば、ビジネスブログを制作するのか、またはサービスに特化したウェブサイトを作成するのかを検討し、どのように運用していくのかまで検討して初めて効果的なサテライトサイトを制作することが可能です。

サテライトサイトを制作する際の注意点としては、制作後にまったく更新がされていないのではなく、月に1ページだけでも新規ページを作成したり、コンテンツ内容の見直しなどを行うようにしなくてはなりません。

被リンク目的にしない

本体サイトのSEO効果の向上のためにサテライトサイトを作成した場合、どうしても被リンク目的としてしまいがちですが、すべてのページやテンプレート箇所からのリンクを行わないようにしなくてはなりません。

検索エンジンは、リンク目的のホームページを評価することはなく、しっかりと運営が行われており、検索エンジンユーザにとって有益なコンテンツを高く評価します。

そのため、サテライトサイトと言っても、通常のホームページ制作と同様に、SEOを考慮して作成することはもちろんですが、定期的な運営を行っていかなくてはなりません。

内部SEOを行う

サテライトサイトを制作する際には、通常のウェブサイトと同様に、内部SEOを実施したホームページを制作しなくてはなりません。

サテライトサイト自体には特にお問い合わせや資料請求などのコンバージョンがないため、SEOを実施する必要はないかもしれませんが、内部SEOがしっかりと行われていないウェブサイトからの被リンクの場合、検索エンジンからその被リンクの価値を低く見られてしまう可能性があるため、サテライトサイトであったとしても、内部SEOを行っていく必要があります。

サイトのテーマを明確にする

サテライトサイトを作成する際には、そのサテライトサイトのテーマを明確にして制作しなくてはなりません。

例えば、弊社であればホームページ作成会社のため、ホームページ制作や運営、SEOなど、サービスの一部をウェブサイトにすることで、効果的なSEOとすることが可能です。

コンテンツ量

サテライトサイトであったとしても、ある程度はしっかりと原稿を作成しておかなくてはなりません。

原稿量が少ないウェブサイトは、内容がなく価値の低いウェブサイトであると認識されてしまうため、大まかではございますが、800文字以上の原稿でページ作成を行っていくと効果的です。

まとめ

今や多くのウェブサイトがサテライトサイトを作成し、SEO効果の向上を図っています。

そのため、グーグルからのお問い合わせが目的や、検索エンジンだけから集客したいとお考えの場合は、サテライトサイトを作成する必要があります。

しかし、正しいサテライトサイト作成を行わなくては、一向に成果が出ることはないため、必ず正しいサテライトサイト制作を行う必要があります。

これからサテライトサイトを作成しようとお考えの方は、この機会に正しいサテライトサイト作成を行われてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました