サテライトブログの重要性

サテライトブログを制作し、運営しているでしょうか。

サテライトブログとは、ホームページ以外のドメインで運営されているブログになっており、このサテライトブログは、SEOにおいて非常に効果的なものとなっています。

そのため、SEOを行われている方は、サテライトブログを制作することが効果的であると言われており、サテライトブログをうまく運用することで、本体サイトのSEO効果を大きく向上させることが可能になります。

サテライトブログとは

サテライトブログとは、ホームページとは別のドメインで作成されたブログのことを言います。

このサテライトブログは、多くの企業が制作・運営しており、サテライトブログをうまく活用することで、ホームページに見込み顧客を多く集客することが可能になります。

そのため、これからホームページ運営を行われる方は、できる限りサテライトブログを構築し、そこから本体サイトへとリンクを行うようにしましょう。

サテライトブログの注意点

サテライトブログを運営する際には、注意点があります。

サテライトブログを作成する際には、そのブログの価値を高めなくてはならず、闇雲に運営をしてしまうと、一向にホームページの成果が向上することはありません。

そのため、本体サイトとは違っていても、検索エンジンユーザが満足できるように原稿をしっかりと作成することや、わかりづらい箇所には画像を利用することなどを行うことが重要です。

また、リンクについては、テンプレートにリンクを張り付けるのではなく、必ず本文内にリンクを設置していき、テキストリンクでそのホームページに訪れた訪問者を誘導していけるようにしなくてはなりません。

これらを行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていき、本体サイトのSEOを大きく向上させることが可能になります。

原稿について

サテライトブログを作成する際には、1記事あたりの原稿量を1000文字以上とルールを決めて運営すると効果的です。

検索エンジンはそのウェブサイトの評価を行うときに、そのホームページで利用されている原稿量から評価をしていきます。

そのため、ホームページ全体の原稿量が多ければ多いほど、SEOとしては効果的になり、ある程度のボリュームがあるウェブサイトとするためにも、1000文字以上と言うルールを持って運営を行うようにしましょう。

ただし、その際に、例えば1記事あたり10文字で、それを1000記事作成するなどといった対策は効果がないため、必ず1記事あたりの原稿ボリュームを十分に持たせて、そのページだけでも十分なSEOが行えるようにしてページを作成していくことが重要です。

ページ数について

サテライトブログでは、最低でも20記事は作成しなくてはなりません。

1記事あたり1000文字から5000文字程度の記事が多くなるサテライトブログとなるため、ホームページの価値を高めるためにも記事数はある程度必要になります。

ただし、記事数を作成する際には、ページの質が高くないとあまり効果が出ないため、本当に価値のある記事を、時間を空けながら作成することで、本当に効果的なSEOとすることが可能です。

また、一般論ですが、大体20記事から50記事を作成することが効果的であると言われています。

被リンクについて

被リンクでは、本体のホームページへのリンクを行いますが、テンプレートに設置したり、すべてのページの下部にリンクを配置させるなどを行ってはいけません。

テンプレートに設置されたリンクは、SEO効果が比較的弱くなってしまいますし、すべてのページのリンクはそれが最悪のケースはテンプレートであるとみなされてしまうこともあります。

そのため、サテライトブログからリンクを行う際には、本文内から本当に関連するページへとリンクを実施すると効果的になります。

更新頻度

ホームページ運営を長くやっているとサテライトブログの数も増えて来ると思います。

そういった場合は、サテライトブログの数が多いため、運営が非常に手間のかかる作業になります。

サテライトブログでは、最低でも月1度の更新が必要になるため、あまりに数が多いと、原稿作成などが追い付かなくなってしまいます。

そのため、月1の更新でサテライトサイトと本体サイトの両方をしっかりと運営できるように作成していくことが重要になります。

サテライトブログは効果が高い

サテライトブログは、ホームページの成果を向上させるのに非常に効果的なツールになります。

サテライトブログ自体が集客力があるため、リンクを辿って訪問者が訪れることはもちろんですが、リンクがあるため、そのリンクによる効果で本サイトのSEO効果を高めることが可能です。

訪問者でお困りのホームページは、ぜひ一度サテライトブログを制作し、運営されてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました