同業他社からの被リンク効果

同業他社からの被リンク SEO

弊社では、多くのパートナー企業さまにホームページ制作のお手伝いをいただいております。

そしてすべての会社さまではないですが、その中で先日1社さまにお願いをして弊社のリンクを張っていただきました。

基本的には同業他社からの被リンクはSEOに効果があると言われているのですが、その効果はどうだったのでしょうか。

そこで今回は、弊社の実際の例を踏まえて同業他社からの被リンク効果についてご紹介をいたします。

いただいた被リンク

いただいた被リンク

まず、いただいた被リンクは、同業他社と言っても、大阪のホームページ制作会社ではありますが、主にシステム開発を得意とされている会社さまです。

大阪のホームページ制作会社セブンデザインさまのご紹介 | BitLabo

こちらがリンクページになっており、新着情報に弊社の情報公開をお願いしたところ、快く紹介記事を書いていただきました。

基本的にはこちらのホームページにおいては、ホームページ制作もやってはいるが、主にシステム開発がメインになっているので、SEOのさらに言うと被リンクの効果で言うとかなりグーグルの仕様に則った被リンクになっていると思われます。

では実際の効果はどれくらいなのでしょうか。

同業他社からの被リンク効果

同業他社からの被リンク

同業他社からの被リンク効果はどれくらいになったのでしょうか。

こちらのホームページ自体は、制作段階から特にホームページから成果を求めていないとのことでしたので、実はほとんどSEO対策を行っておりません。

そのため弊社のこれまでの感覚で言うと、ほとんど効果がないと考えていたのですが、しかしやはりホームページ制作会社のホームページということもあり、確かにSEO効果はないけれども致命的なミスは改善されているので、そこそこの効果を生み出してくれていると思われます。

実際にこちらのホームページから被リンクをいただいてから、爆発的には順位が上がっておりませんが、昨日と今日で言うと、平均で0.5ずつ位上がっており、今日で計測している検索キーワードで平均で1つくらいの順位を上げております。

実際に弊社のホームページにおいては、狙っている30のキーワードでの効果測定をしているのですが、28のキーワードで10位以内になっているので、ここからは1つ上がっただけでも非常にありがたいものになっております。

そのため、SEOの基本が少し変わってきており、被リンクを獲得するには確かに、被リンク元のホームページのSEO状況にも依存することがありますが、それ以外にもしっかりと致命的なミスをなくしていることの方が大切のように思われます。

また、未確定の要素として、やはりブログタイプのホームページよりもしっかりとした企業サイト(運営は個人でも可)からの被リンクの方が効果が出ているように思われ、これらをしっかりと行うことでSEO効果を高めることが可能になるのです。

多くの企業が被リンク不足

被リンク不足

そして多くの会社さまにおかれましては、被リンクが不足しているように思われます。

弊社は大阪のホームページ制作会社になるのですが、ホームページ制作後にお客さまにSEOではこういう作業が必要ですと説明をしているのですが、この説明の中に被リンクがあり、実はこの被リンクはあまり行っていただけることがないのです。

そして順位を上げているホームページを見てみると、純粋に被リンクとページ数のバランスになりますが、しかしどのホームページも被リンク数をしっかりと稼いでおり、逆にキーワードによっては上位表示しているホームページの被リンク数が少ないこともありますが、こういうキーワードは必ずアフィリエイターや他の企業サイトの目標値に設定されております。

その理由は被リンクは非常に難しいものであることが原因の一つで、被リンク対策を自分で行うことは労力と成果を考えると、あまりされることはないのです。

そしてそのような企業さまがとにかく本気で取り組んでいただけるのが新規ページ作成になっており、この新規ページ作成では、もちろんしっかりと継続していくことで、検索順位を上げる効果があるのです。

ただ、これまで色々と試してみた結果で言うと、被リンク対策に注力したほうが上がりやすいものになっており、これらをしっかりと行うことで、ホームページ制作の成果を高めることが可能です。

SEOは基本ユーザのために

SEOはユーザのため

そしてこのSEOを考えたときに、SEOは基本的にはユーザのためのものになっています。

確かに、SEOにはテクニックは存在しているのですが、基本的にはユーザのためのページ作成や被リンクを獲得していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

もちろんテクニックを軽視しているわけではなく、このテクニックを駆使することで、ホームページ運営量を最小化することができるので、非常に効果的なSEOとすることが可能になります。

基本的にはSEOにおいては、テクニックだけで上位表示はできないものになっており、逆にまったくテクニックを使っていなくても、しっかりと運営していくことで、成果を出せるものになっております。

そのため、これからSEOを行われる方は、被リンクにおいてもユーザのためであることが大切で、その被リンクはどのようなものであればいいかを検討することで期待以上の成果の出るSEO対策となるのです。

タイトルとURLをコピーしました