nofollowリンクって必要か

nofollowリンクは少し必要かも SEO

nofollowリンクをご存知でしょうか。

このnofollowリンクは基本的には、このリンクはSEO評価がないですよという設定を付与したリンクになっており、このnofollowリンクをどんなに集めてもホームページの検索順位が上がらないというのが一般的です。

ただツイッターなどの情報を見ている、さらには弊社がSEOを行っている際にこのnofollowリンクを集めることの効果かどうかは定かではないのですが、実際に検索順位が上がったという事例があります。

そこで今回はこのnofollowリンクを弊社なりにどう捉えているのかについてご紹介をいたします。

nofollowリンクがSEOに意味がない

nofollowリンクがSEOに意味がない

まず初めにリンクにはdofollowとnofollowの2つのリンクがあります。

SEOの被リンク対策を考える際に、dofollowを集めることで、そのリンク先のホームページのSEO効果を高めることが可能であり、逆にnofollowのリンクをどんなに集めてもSEO効果が出ないというのが定説になっているのです。

そのため、被リンクを集める際にはdofollowのリンクを集めることに注力することが重要になっていて、このdofollowの被リンクを多く集めることによってホームページ制作のSEO効果が初めて高まるのです。

基本的にはグーグルの考え方はこのようになっているのですが、実はnofollowリンクを集めることが大切だという記事あるいは投稿などもよく見かけるものになっております。

そのため弊社では自社のホームページで試してみることや、さらにはさまざまなブログあるいはツイッターなどを使いnofollowリンクについて検討してみることといたしました。

意外とnofollowリンクは多い

意外とnofollowリンクは多い

実際に情報収集ではnofollowリンクを集めることでSEO効果が上がったという記事を見かけることが多いです。

そのため弊社でも一度試してみようと思い、現在の弊社のホームページの被リンクの30%から40%がnofollowリンクになっているのですが、まずいきなりですがこのnofollowリンクを集めることで確かにSEO効果を得ることができております。

そして多くの方が思うのが、ではどうやってnofollowリンクを集めたのかになると思いますが、実は意外と企業情報を登録できるホームページにおいてはこのnofollowリンクが多いものになっていて、これらに登録するだけでも非常に多くのnofollowリンクを獲得することが可能です。

このnofollowリンクなどの見つけ方は基本的にはライバルのホームページの被リンク元を調査することになっており、この被リンク元をしっかりと調査してライバルが掲載しているホームページへとしっかりと問うおrくすることで、御社のホームページのnofollowリンクを増やすことが可能です。

実際に弊社はこれで被リンクを稼いでおり、この被リンク数を増やすことでもちろん基本的な考えとしてはdofollowの方が効果がある可能性があるのですが、しかしnofollowも並行して集めることが重要だと思っております。

最適なnofollowの割合

nofollowの割合

では実際に弊社ではこのnofollowの被リンクの割合をどれくらいが最適と考えていたのでしょうか。

これについては基本的には、理想的には50%位かなとは思っていたのですが、最終的には65%程度になっております。

基本的には普通にホームページ運営をしていると被リンクが集まるというのが多くあるのですが、その中にはnofollowもあればdofollowもあり、さまざまな被リンクが存在しているものになっております。

そしてこれらをしっかりと対策建てて行うことによってホームページ制作は本当にSEOに効果的なものになっていき、期待以上のSEO効果を得ることが可能なのです。

発リンクはnofollow?dofollow?

発リンクはnofollow?dofollow?

では、この自社のホームページから被リンクを行う際には、dofollowが良いのかnofollowが良いのかどちらが良いのでしょうか。

これについては、dofollowで良いと思っており、わざわざnofollowをする必要がないと思います。

ただ、

これまでさまざまなホームページに被リンクを行ってきた限りで言うともちろん被リンク元のホームページの価値も重要になっているのですが、

このように質の高いホームページを制作してそして価値の高いページへの被リンクを行うことで、実際にグーグルの認識速度が速いように思われます。

そして、実際に弊社はnofollowリンクをしたことはないのですが、おそらくnofollowリンクよりも効果がある可能性があり、しっかりとこれらを行うことで本当に期待以上の成果を得ることが可能なのです。

基本的には普通のリンクはdofollowで良く、nofollowはわざわざリンクを張るときにひと手間がかかるものになっているので、基本的には意識せず発リンクはdofollowで行うようにしましょう。

そして実際に調査したことはないのですが、dofollowを行っているホームページでも成果を出せることがあるので、気にせずdofollowで被リンク対策を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました