原稿を作成する前に

これから原稿作成を行われる方は、いきなり原稿を作成するのではなく、どのようなことを書くのかやなどについて検討居なくてはなりません。

原稿作成はホームページの成果に非常に重要となってきますが、まだまだしっかりと原稿を作成されている方は少ないのではないでしょうか。

また、原稿は作成するだけではなく、定期的な改善・更新を行わなくてはならないため、例えば毎朝1時間ホームページ関連の作業を行うと決めていたとしても、その作業時間の大半を原稿作成に奪われてしまいます。

この時間のかかる原稿作成ですが、弊社で行っている効率の良い原稿作成法をご紹介します。

まずはキーワードを検討

ページ数の少ないホームページであれば、関連キーワードなどを調べていくことで、そのページに集客するキーワードを策定することが来ますが、そうではない場合は、キーワード選定は非常に手間のかかる作業になります。

業種によって異なるため、一概には言えませんが、弊社ではいくつかの参考ブログを用意しており、それらのブログの更新内容を見て、タイトルを決めています。

その際には、参考ブログの内容をそのままコピーするなどではなく、必ず自分の言葉に直してから記事を用意していかなくてはなりません。

ページの構成

次に、集客ワードで実際に検索を行ってみて、1位から10位までのホームページの閲覧を開始します。

弊社では基本的にはSEO目的となっているため、それらのホームページに記載されている内容をすべて自分のブログで記述すれば良いと考えており、それらの内容を網羅した1ページを作成していくようにしております。

それらのホームページを見てから、そのページの見出しを決めていき、そして原稿作成を行います。

その際に、どうしてもこのサイトにかかれている内容をどんなにリライトしても分が繋がらないなどの場合は、そのウェブサイトを参考にするのを辞めて、自分で完全にオリジナルの文章を作成しています。

この作業は非常に多くの時間を使いますが、この原稿作成法は非常に効果的であるため、弊社ではそのやり方を続けています。

画像の貼り付け

次に画像を張り付けていきます。

画像を張り付ける箇所は、読んでて意味がわかりづらい箇所やなんか寂しい箇所になっており、張り付ける画像はそこまで時間をかけて探すことはできないため、思い付きで画像を作成しています。

運営を行っていると、どうしてもここは文章の補足説明としての画像が必要などの箇所も出て来ると思いますが、それらの箇所については、デザイナーが画像を作成するか、パワーポイントなどを利用して説明用の画像を用意しております。

なお、画像を張り付ける際には、画像の説明をALTタグに導入しています。

リンクと強調

最後に、そのページの重要な文章については、強調用のstrongタグを入れております。

現在、実際に検索を行うとstrongタグを多く使っているブログが上位表示されているため、弊社でもstrongタグを利用するようにしています。

また、本文に書かれている内容が弊社のその他のページで紹介している場合は、必ずリンクを張り付け、ページ内リンクを設置しています。

ツールの利用

最後に公開した記事をXMLサイトマップに追加したり、グーグルサーチコンソールで送信したりを行っています。

これらの作業は特に行わなくてもグーグルが認識してくれるため、行っていなくても問題はありませんが、弊社では少しでも早く検索結果に表示させるために行っています。

公開した後にこれらを行うことは非常にストレスのたまる作業になりますが、ホームページの成果と大きくかかわっているため、現在行われていない方は必ず行うようにしましょう。

原稿作成は非常に手間

これから原稿を作成される方は、原稿作成にかかる時間が非常に手間のかかる作業に感じてしまいます。

確かに、弊社でも更新を行っていて非常に手間ではありますが、更新すればするほどホームページの成果が向上するため、必ず原稿を作成するようにしなくてはなりません。

1日に0.5記事でも作成することができたら、2日に1記事が公開できるため、1年続けることができれば、180記事もの原稿が作成できます。

ホームページ運営は原稿作成が切っても切れないものとなるため、是非これからホームページ運営を戦略的に行われてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました