ホームページ更新で行うこと

ホームページの更新はさまざまなことを実施しなくてはなりません。

ホームページを更新したら行うことは、SEOや成果対策になっており、それらを行って初めて期待通りの成果が出ます。

そのため、定期的なHPの更新を行う必要がありますが、なかなかどのように行ったらよいかが分からない方も多いのではないでしょうか。

ホームページの更新には、大きく分けて集客対策と成約対策があります。

集客と成約

ホームページの更新には集客と成約対策があります。

どちらの対策も非常に重要な対策ですが、具体的にはどのようなことを行っていくかをご紹介します。

集客

ホームページの集客対策では、検索エンジン又は広告、その他のウェブサイトからの集客対策を考えます。

広告は特に対策を行うことはありませんが、検索エンジンやその他のウェブサイトからとなると多くの対策が必要になります。

これらの対策は非常に作業量の多い作業になっておりますが、運営をしっかりと行えば行うほど、ホームページに訪れる訪問者数を増やすことが可能であるため、必ず実施しなくてはなりません。

成約

成約対策では、グーグルアナリティクスなどのデータを活用してホームページの改善を実施します。

例えば直帰率が高いページの改善をしたり、検索キーワードがマッチしていないページのリニューアルを実施したりになります。

集客:コンテンツ追加

コンテンツ追加とは、ホームページ内に新規のページを作成することを言います。

このコンテンツ追加は現在のSEOの主流と言っても過言ではなく、良質なページを作成していくことで、ホームページのページ数原稿量が増えるため、ホームページ全体のSEO効果を高めることが可能です。

しかし、簡単に記事を作成するだけであれば、すぐに新規ページの追加が行えますが、そのページのタイトルに対してホームページの原稿を漏れがなく、関係のない記事を作成、そして読みやすいように作成するとなると、非常に多くの時間がかかってしまいます。

しかし、原稿作成は当初は非常に多くの時間がかかりますが、更新すればするほど慣れていき記事作成時間を大きく短縮することが可能になるため、諦めずにしっかりと更新していくことが重要です。

集客:被リンク対策

被リンク対策は現在のSEOにおいて非常に重要です。

後述する被リンクの獲得法は、ホームページ公開当初では非常に難しい対策となるため、まずは自分でサテライトサイトを作成し、そこからのリンクを行っていきます。

その結果、サテライトサイトから本体サイトへの訪問者の誘導や、リンクによるSEO効果を得ることが可能です。

ただし、サテライトサイトの制作にはいくつか注意点があります。

ユーザ目線で制作

サテライトサイトと言っても、ユーザ目線での制作は行わなくてはなりません。

ユーザ目線ではないサテライトサイトは検索エンジンから評価されることがないため、注意が必要になります。

全ページからリンクしない

サテライトサイトを制作後、すべてのページからリンクを行ってはいけません。

必ずコンテンツ内からのリンクとして、そのリンクの上部にある内容と関連するページへのリンクにとどめることが重要です。

集客:ソーシャルメディア

ソーシャルメディアで作成した記事ページを拡散することで、訪問者のうち万が一ブログなどを運営している方がいた場合に、そのブログからリンクを張ってもらえるようになります。

子のリンク獲得は、現在のSEOの主流となっており、良質なコンテンツを作成して、そこにソーシャルボタンを設置することで、情報をうまく拡散することが出来、被リンクの獲得に繋がっていきます。

この対策は非常に難しいですが、ホームページ公開当初から行っていくようにしなくてはなりません。

成約:改善

グーグルアナリティクスなどのデータを活用して、ホームページの問題点を改善していきます。

ホームページの内部の問題点とは、例えば長文の記事を作成しているのに、平均滞在時間が短すぎるや、訪れた訪問者を追い返している問題ページの改善になります。

これらの改善もホームページ更新・運営には非常に重要な対策となるため、手間な作業ではありますが、必ず実施していかなくてはなりません。

ホームページの更新を行おう

ホームページ制作をしたらその後一切更新業務を行わないホームページが良くあります。

しかし、それでは非常にもったいないウェブサイトとなってしまうため、必ずホームページの更新を定期的に行っていくことが重要です。

すぐに成果が欲しい場合を除いて、ホームページの運営は、その更新作業を行った回数が重要となるため、毎日少しずつでも行っていれば、次第にその成果は出て来るようになります。

タイトルとURLをコピーしました