ホームページ公開後に導入したほうがいいツール

ホームページ公開後に導入したほうが良いツールをご紹介いたします。

このホームページ公開後に導入したほうが良いツールについては、いくつかあるのですが、一般的にですが、稀にまったく導入していないホームページもあります。

これらのツールを導入していないと、2点の問題点があり、1点目はグーグルとビングの認識が遅くなる点、そしてもう一つがホームページ運営が闇雲になってしまう点になります。

このたった2点の効果が必ずホームページ制作の成果に大きな影響を与えてくるため、しっかりと対策を行わなくてはなりません。

そこで今回はホームページ制作後に導入したほうがいい各種ツールについてご紹介をいたします。

ホームページ運営が成果を決める

まず初めに、現在のSEO対策はもちろん成約においても、ホームページ運営が非常に重要になっております。

従来であれば、最初にしっかりと作成をして、多少の被リンクがあればそれだけでお客さまが満足するくらいの成果は得れたのですが、現在についてはSEOとしても成約としてもそれでは十分ではなくなりました。

そのため、ホームページ運営を行う指標、そしてホームページ運営を効率化させるための仕組みを導入していくことが必要になっており、これらを行うツールはホームページ制作直後に導入することが重要になってきます。

では、具体的にどのようなツールを導入していく必要があるのでしょうか。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは検索エンジン用のサイトマップになっており、このサイトマップを導入することで、グーグルとビングがホームページにあるすべてのページを認識してくれるようになり、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

このXMLサイトマップは、グーグルの発表によると、2番目にページ認識に利用をしているということもあるため、必ず導入したほうがよく、これらをしっかりと導入していくことで、ホームページの成果を大きく向上させることが可能なのです。

このXMLサイトマップを作成する注意点としては、できる限り手動で作成しないほうが良いとグーグルも言っており、その理由は記述法を間違えて正しくグーグルが認識できないからになっております。

現在のホームページ制作で言えば、大半がワードプレス制作になっており、ワードプレスであれば、このXMLサイトマップを自動吐き出しすることができるため、しっかりとXMLサイトマップを自動吐き出しできるようにすることで、本当に効果的なホームページ制作になるのです。

ロボットテキスト

ロボットテキストとは、検索エンジンのホームページの認識を向上させることができるツールになっており、例えば認識しなくても良いページを記述することで、グーグルはそのページをわざわざ見に行く必要がないので、その他のページの認識を行えるようになります。

もちろん一般的にはマイページなどがない場合においては、このロボットテキストでは、認識しなくても良いページはないとすることがありますが、このロボットテキストはその場合においても記述したほうが良いものになります。

その理由は、XMLサイトマップの設置場所を記述できることになっており、このXMLサイトマップを適切に記述していくことで、よりグーグルの認識を高めることが可能なのです。

ロボットテキストはグーグルがホームページの構造を理解するために、ホームページの巡回前に見るファイルになっているため、しっかりとロボットテキストを作成していくことで、ホームページの巡回効率を飛躍的に高めることが可能になります。

また、このロボットテキストもワードプレス制作であれば、自動吐き出しすることができるので、しっかりと設定していくことでよりホームページの成果を高めることができるのです。

グーグルサーチコンソール

そして、グーグルサーチコンソールを導入することで、よりSEOに効果的なものになります。

このグーグルサーチコンソールでできることは、3点あり、1つはグーグルにページのURLを送信できることになります。

地味にこのグーグルにURLの送信は大切なものになっており、グーグルはインターネットに情報を公開しても、情報収集ロボットがホームページを巡回していかなくては、グーグルは修正に気が付くことはありません。

そのため、もちろん時間が経てば自動的には認識してくれるようになりますが、時間が立たなくてもしっかりと認識してもらうことで、よりホームページの成果を高めることが可能になります。

これらの作業は本当に大切で、例えばホームページリニューアルを行った場合にはできる限り多くのページを、そして新規ページを作成したら、作成後直後にそのページのURLを送信することで、素早くホームページの成果を出すことが可能になります。

2つ目は、XMLサイトマップの送信になっており、ここでXMLサイトマップを送信することで、グーグルに素早く正確にXMLサイトマップを認識してもらうことが可能になります。

こちらのXMLサイトマップについては、グーグルはページ認識で2番目に重要なものとして認識していると公表があるので、しっかりと送信しなくてはなりません。

そして最後に、エラーを確認していくことができるのですが、このエラーについては、エラー箇所を手動で直すこともできますし、また本当に難しい内容は、ホームページ制作会社に依頼をすれば改善してもらうことが可能です。

これらのエラーをしっかりと改善することで、ホームページのSEO成果は飛躍的に高まり、特にアフィリエイターなどにおいては、SEOの最初に行う作業としてこのエラーを改善しているそうです。

ただし、ここでエラーがあっても、実は上位表示が不可能であるということはないので、自分だけでできる改善はすぐに行い、その他の難しい内容については、状況を見ながら改善していくことが重要です。

グーグルアナリティクス

こちらもグーグルサーチコンソールと同じなのですが、グーグルサーチコンソールはSEOのために、グーグルアナリティクスでは問題ページの発見に利用していきます。

このグーグルアナリティクスにおいては、訪れたユーザの足あとを確認することが可能になっており、このグーグルアナリティクスをチェックすることで、どのようなキーワードでどのページからアクセスしてどのページから出ていったのかを見ることが可能です。

ただし、グーグルアナリティクスは非常に高性能になるので、さまざまなデータを確認することができますが、このデータを確認するにはある程度ノウハウが必要になるので、まず初めに制作会社と一緒になって確認していき、慣れてきたら自分で確認すると良いものになるでしょう。

このグーグルアナリティクスが示すデータからホームページを改善していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まり、御社の期待を超えるホームページ作成になるのです。

上記のツールをホームページ公開後に導入しよう

これらのツールをホームページ制作後に導入していくことで、SEO効果を高めることができたり、さらにはホームページが抱える問題点を知ることが可能になります。

これらをしっかりと行うことで、SEOはもちろんですがホームページの成約率も最適化することが出来、御社の期待を上回る成果を得ることができるのです。

ホームページ制作は公開すれば終わりではなく、これらをしっかりと行うことが大切になるため、これらをしっかりと行ったホームページ作成を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました