ホームページの原稿について

ホームページの更新を行う際には、必ず必要になってくる原稿。

この原稿は作成するのに非常に多くの時間がかかるため、できれば作成したくないと思うのが当然だと思いますが、原稿を作成しないと、なかなかホームページの成果は向上しません。

また、現在多くの企業がSEOに力を入れているため、どこの企業もかなりの原稿量のあるホームページとなっています。

しかし、ホームページの原稿は、SEO目的ではなく、ホームページの成果のために追加や編集を行っていくことで、中長期的にはなりますが、自然とホームページの成果を向上させることが可能です。

SEOは難しい

現在、非常に多くの企業がSEOに取り組んでいるため、SEOの難易度は年々向上しています。

そのため、ホームページでSEOを行おうと思うと、地道に一般的にSEOで効果的と言われている手法を行い続けることしかなく、またそこまで一気に行うことができない、または行わない方であれば、あまりSEO調査ツールを利用しないようにしなくてはなりません。

これらのツールは、SEOのセオリー的な手法を点数化してくれていますが、必ず点数が高いからと言って上位表示されると言うものではないのです。

そのため、あまりそれらのツールを確認して点数を意識してしまうと、自分のSEOのペースが狂ってしまい、良い結果を得ることができないのです。

これらのツールを見ずに、SEOで最も効果的である、コンテンツ作成を行い続けることで、ホームページの成果はいつか必ず大きく向上してきますので、焦らずにじっくりホームページの原稿作成を行うようにしましょう。

SEOに効果的な原稿数

これからSEOを行われる方は、まずはSEOに効果的な原稿数を知ることが重要です。

原稿数は、一般的には2000文字以上と言われていますが、しかし具体的な数値を持ってホームページの運営を行っていくことが重要です。

その方法は、非常に簡単で、作成するあるいは修正するページで集客したいキーワードを明確にして、そのキーワードで実際に検索を行っていくことが重要です。

そうすることで、上位表示されている原稿量を知ることが可能位なり、これらの原稿量を1位から10位までのそれぞれの原稿量をピックアップしていきます。

これらの原稿量を見て、1位から10位までのホームページよりも、原稿量が多いページを作成すれば、自然と検索順位を上げることが可能ですし、また内容も充実しているため、ホームページの成果も最大化することが可能です。

ページを分けるポイント

では、ホームページとページのそれぞれで原稿量が大切な場合に、新規ページを作成した際には、ずらずらと縦にながいホームページを作成すれば良いのでしょうか。

そのようなことはなく、そのページの集客キーワードに対しての原稿を作成できれば、内容を別のことにするために、終わらせてページを分けたほうが効果的です。

あくまで原稿量は目安の数値となっており、内容が異なれば必ずページを分けなくてはなりません。

もちろん、縦に長いほうが原稿量が多いため、SEOに効果的な可能性は高いですが、そのページの集客したいキーワードと全く関係のないことまで作成すると、逆に訪問者を混乱させてしまうため、注意が必要になります。

リンクはどうする?

原稿量が多いページを作成したら、そのページから内部リンクを行うようにしましょう。

内部リンクはSEOにおいて効果的になっており、内部リンクがしっかりとしていればしているほど、ホームページの成果は向上します。

効果的だから1ページに大量の内部リンクを付けたくなってしまいますが、内部リンクの数は原則無制限ですが、弊社では3本以内と定めて運営を行っております。

検索エンジンの認識は、プログラムを利用して行っているため、リンクがあればそのリンクをクリックして、そのページの情報収集を行わずに、リンク先のページへと移動してしまうのです。

そのため、リンク数が多ければ多いほど、そのページの認識に時間がかかるため、そのページのSEO効果が向上するのに多くの時間が必要になります。

また、リンクはそのページの価値をリンク先のページへと譲渡することになるため、内部リンクが多ければ多いほど、そのページの価値が下がっていくため注意が必要です。

充実した原稿を作成

ホームページ制作や運営を行う際には、必ず充実した原稿を作成するようにしなくてはなりません。

トップページなどであれば、ある程度原稿量は少なくなりますし、またあまりに多いと訪問者にとってわかりづらいホームページになりますが、ホームページ作成を行う前に、競合他社の文字数をチェックして、その文字数でホームページが作成できることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました