ホームページ制作の各ページ作成のポイント

ホームページ制作会社は、さまざまなページを作成しております。

例えばトップページや会社概要ページ、製品・サービスページなどこれらのページはもちろんお客さまからの原稿をベースに作成しているのですが、ただし極端に原稿量が少ない場合は量の調整をいただいたり、さらには、まったく原稿が書けない場合は、仮で弊社で原稿を作成させて頂いております。

これらをしっかりと行い続けることで、ホームページ制作は期待以上の成果を得ることが可能なのですが、では具体的にどのようなポイントがホームページ制作会社が気をけるポイントになるのでしょうか。

そこで今回はこれからホームページ制作を行われる方のために、ホームページ制作時の各種ポイントをご紹介いたします。

どのような点をホームページ制作会社が意識しているかを知ることで、最適な情報提供が可能になり、スムーズなホームページ作成が可能になります。

ホームページ作成のポイント

まずホームページ制作会社は基本的にお客さまから頂いたデータを基にホームページを作成しております。

その際に、例えば会社案内の原稿をお願いしますと言うと、会社案内の原稿が届きますが、それをそのままコーディングしていくというのは非常に残念な結果になってしまうことが多くあります。

一般的にページ作成を行う際には、いただいた情報で多くあるのが、量が少なすぎることになっており、このままではSEO対策で大切な文字数と言う箇所を最適化できなくなってしまいます。

もちろん、全く関係のないことを追加するのは良いことではないのですが、関係のあるコンテンツをしっかりと記述していくことで、ホームページは本当に効果的なものになるのです。

このように基本的にはお客さまから頂いたデータをそのままではなく、追加・変更・削除の依頼や、内部リンクの提案などを行うことで、本当に効果的なホームページを作成しております。

まず文字数は大切

いただいたデータで結構な頻度で問題になるは言い過ぎですが、こうしたほうがいいと思うのが、文字数になっております。

例えば会社案内ページを作成する際に、単に会社情報とアクセスマップを掲載するだけではなく、経営者の理念などのコンテンツを掲載するかどうかも判断しなくてはなりません。

これらをそれぞれのページで本当に最適なコンテンツを表示させれているのかを検討していくことで、本当に効果的なホームページ作成が可能になります。

また、もちろん、作成できない場合はできないとおっしゃっていただいて良いものなので、単純にホームページ制作会社からこの情報が抜けていないか、あるいはこの情報はいらないのではないかと言う質問形式の内容だとご理解いただければと思います。

それらを判断する際には、現在のホームページは基本的にすべてのページで文字数が多ければ多いほど良いという理解をしたうえでの決定をすることで、本当に効果的なSEO対策に強いホームページ制作になるのです。

ページを分けるか合算するか

ホームページの提案段階では、例えば料金表は1ページでも良いと思っていたけれども、意外と多くの料金を乗せないといけないとなった場合に、ホームページ制作会社からこのページは縦に長すぎるので2ページ扱いしたいなどの打診を受けることがあります。

弊社ではよほど複雑でなければ、縦の長さで料金を上げるということはないのですが、あまりにひどい場合においては、費用を少しいただくこともあります。

その際に大切なのが、ページを分けるかどうかの判断になっており、基本的にこのページを分けるかどうかは、現在の検索エンジンは1ページ1キーワードで上位表示が可能になるという点を理解する必要があります。

もちろんユーザとしては、1ページで縦に長いほうが、クリックしなくて良いので効率の良いホームページになるのですが、検索エンジンではそのようなことはないので、ユーザニーズが異なる情報を1ページにするのではなく、ユーザニーズごとにページを作成すると効果的になります。

これらをしっかりと考えて、いざ原稿を作成してみたら長い場合は、その長い情報を2分割したほうがいいのか、あるいは1ページで行ったほうがいいのかを判断していくことで、本当に効果的なホームページ作成になるのです。

ただし、極端な話ですが、2行のページを1行ずつに分けるなどはまったく意味がないので、ある程度ボリュームが多い前提でのお話になります。

デザインの検討

こちらは弊社でデザインをする際にかなり気を付けているのですが、ホームページデザインにおいては、結構トップページは力を入れて中ページはトップページを踏襲したデザインであることが多くあります。

その際に大切なのが、もちろんそれでも良いのですが、リンクをされるので大切なのが中ページになると理解をすることが重要です。

基本的にホームページデザインは、ぱっと見の印象で判断をしてしまいますが、このデザインであれば非常に内容が読みやすく分かりやすいものになるという判断をすることが大切です。

これらを行うことで、ホームページ全体のデザインは非常に優れたものになり、ユーザにはコンテンツをしっかりと閲覧させることができるので、そのホームページの成果を大きく向上させることが可能です。

特にデザイナーが被リンクについて考えている場合と考えていない場合では、作成されるデザインの質はもちろんですが、そのページの成約率やホームページ全体の集客力も変わってくるので、しっかりとデザイナーはデザイン作成の際にはこのデザインなら被リンクが貰えるということを検討することが重要になるのです。

各ページ作成はつまりSEOと成約が大切

ホームページ制作の各ページ作成のポイントは、簡単に言うと、SEOと成約を意識することになります。

そのためには原稿量であったりデザイン性が重要になり、これらをしっかりと行うことで、数は少なくてもしっかりと自然に集まる被リンクが付いたり、成約率の高いホームページになってくるのです。

一般的にホームページのSEO対策において、キーワードによってばらつきはありますが、1ページに訪れているホームページの被リンク元ホームページのドメイン数は100ちょいになっております。

そのため、自然に集まる被リンクが月に1つあれば、自分での被リンク対策も合わせれば比較的早い段階で多くの被リンク数を獲得できるということになり、SEOで成果を出すことが可能です。

さらには成約を考えることで、ホームページのお問い合わせ率も最大化できるので非常に効果的なホームページ制作になるのです。

タイトルとURLをコピーしました