ホームページ制作会社の見積書について

これからホームページを制作しようとお考えの方であれば、まずはホームページ制作会社に見積もり依頼を行われていることかと思います。

しかし、お問い合わせフォームからお見積依頼をして、お見積書が届いても、ホームページ制作会社ごとに、単価の違いやページ数の違いなど非常に複雑なものになっているため、分かりづらいと思いではないでしょうか。

しかし、ホームページ作成会社のお見積は、制作会社ごとに異なっており、一概に統一させることが難しくなっています。

そこで今回は、ホームページ制作会社のお見積書についてのご紹介をさせて頂きます。

人件費から算出

ホームページ制作費は、基本的には人件費から算出されます。

例えば、デザイナーが1時間働くのであれば4,000円、プログラマーであれば6,000円などの費用が発生します。

これらの人件費での見積書を作成することが一般的ですが、1日当たりの金額の場合、作業時間が会社ごとによって異なり、費用が非常に分かりづらいため、ページ単価に変更したお見積書の提出を行うことが一般的です。

作業時間の異なり

ホームページ制作会社は通常、作業時間に対してのお見積書を作成します。

しかし、競合他社も作業時間でのお見積書を提出した場合、作業時間に大きな異なりが出てきてしまい、業者選定ができづらいモノとなってしまいます。

例えば、A社とB社の2社に対してお見積の依頼を行った際に、それぞれの時間単価と作業時間が異なってきます。

その理由は、ホームページ制作会社ごとに、得意・不得意分野が存在しており、得意な分野であればすぐに対応することが可能ですが、不得意な分野の場合は時間や単価が上がってしまう傾向があります。

また、お見積の科目名も異なり、単純な比較が非常に難しくなってしまうため、ページ単価でのお見積書に変更し提出することが一般的です。

分かりづらい項目

ホームページ作成会社のお見積書で分かりづらい項目をご紹介いたします。

企画・ディレクトション費

企画費やディレクション費は分かりづらい項目となります。

企画費は、ホームページの構造などを検討する費用や制作したホームページに問題がないかの確認作業、マニュアル作成などに当たる費用になります。

また、ディレクション費とは、制作段階での制作者の管理をする費用になります。

どちらもディレクターの費用になっており、これらの費用がなかった場合、ホームページの品質が非常に低くなってしまう可能性があります。

ただし、これらの費用はホームページ制作会社ごとに異なるため、念のために都度確認をしておくようにしなくてはなりません。

デザイン費

ホームページ作成において、すべてのページのデザインを作成した場合、非常に多くの費用が掛かってしまいます。

もちろん、トップページのデザインをJPGで確認することは重要なことになりますが、トップページを確認したらその他のページについては、デザインを作成するのではなく、ワイヤーフレームと呼ばれる線画での確認を行います。

ワイヤーフレームの確認を行う際には、トップページのレイアウトを見ながら大まかに同じようなイメージになると思いながら確認するようにすることで、費用を大きく抑えることが可能になります。

レスポンシブウェブデザイン費

現在、多くの企業さまがホームページを制作する際には、スマートフォン対応のレスポンシブウェブデザインでホームページを作成されています。

レスポンシブウェブデザインの費用は必ず必要になりますが、その単価は制作会社ごとによって異なります。

大まかにはなりますが、デザイン費とコーディング費の0.5~1.0までの費用が別途必要になり、そちらの費用でスマートフォンでアクセスした場合のCSSでのコーディングを行います。

プログラム費

ホームページ更新システム「ワードプレス」ではなく、オリジナルのシステムを使ってホームページの更新システムを構築したり、お問い合わせフォームを少し複雑なものとするため、オリジナルシステムの構築を行う場合の費用になります。

オリジナルシステムを構築する場合、管理画面が必要な場合は管理画面側のシステムも構築しなくてはならないため、価格が比較的上がりやすい傾向になります。

そのため、プログラムの費用がどれくらいかかるかと、そのシステムの仕様を確認して、合計金額が高いと感じられた場合は、システムを次のフェーズで対応していくようにしなくてはなりません。

まとめ

今回は、簡単にではございますが、ホームページ制作会社の見積書について解説をいたしました。

これからホームページを制作しようと、複数社に見積もり依頼を行っても、内容がいまいち分からないため、総額だけで判断してしまいがちですが、その内訳までもしっかりと理解してから判断する方が効果的なウェブサイトを作成することが可能になります。

現在、ホームページ制作会社の選定を行われている企業さまは、是非この機会にお見積の内容を詳しく確認し、不明点はホームページ制作会社に確認することをお薦めいたします。

タイトルとURLをコピーしました