ホームページ制作の総額だけで判断しない

ホームページ制作予算を総額だけ見ない ホームページ制作

ホームページ制作においては基本的には、お客さまのご要望をヒアリングし、そしてそのご要望を達成するためにの対策を検討します。

そしてこの検討をすると、要望が多ければ多いほど、ホームページ制作費が上がっていくようになっているのですが、その時にA社とB社のそれぞれのホームページ制作会社で総額が大きく異なることがあります。

この総額の異なりは、基本的には作業時間が影響しており、A社が100万円、B社が50万円であればA社の方が倍以上の時間がかかる想定のお見積書となっているのです。

そこで今回はこのホームページ制作会社の見積について、総額だけで判断しないほうが良いという点をご紹介いたします。

ホームページ制作の総額は単純に作業時間

ホームページ制作の総額は作業時間

ホームページ制作の総額は基本的には作業時間から算出されております。

もちろん弊社では昔人工でデザイナーが大体何時間、コーダーが何時間というように時間単位でのお見積りを出していたこともあるのですが、この時間単位はホームページ制作をしていると、例えばホームページ制作中に1ページを追加したや1ページを削除した場合に、どれくらい予算が変わってくるのかが分かりづらいというご指摘をいただきましたので、ページ単位でのお見積りに変更をしております。

そのため基本としては時間単位になるのですが、しかし実際に1ページの追加や機能追加のときの費用が非常に分かりやすく、お客さまが気軽にホームページ制作段階での考え方の変更を行っていただけるようにしているのです。

そのため、弊社のお見積りは現在非常に分かりやすいとご好評をいただいており、これらをしっかりと行うことでお客さまのホームページ制作をよりスムーズなものにしているのです。

要望を聞いたときにこうしたほうが良いという追加もある

追加要望もある

そしてホームページ制作会社ごとにホームページ制作費の予算が異なるのは、基本的にはホームページ制作のヒアリングをして、どのような運用体制やどのようなホームページ制作法を採用するかでホームページ制作会社の予算が異なってきます。

例えばこういうコンテンツを作成したいのだけれどもと言われれば、それをそのまま制作することは非常に稀なケースになっており、SEO対策の位置づけやどうすれば更新が楽になるかの検討などをしっかりと行い制作することが重要であると思っております。

そしてシンプルなホームページ制作であれば、実は競合他社のホームぺージ制作会社さまとそこまで変わりがないのですが、しかし少し複雑なコンテンツなどにおいては、基本的にはそのコンテンツをどう考えるかで予算が異なるものになっているのです。

そのため基本的にはホームページ制作のお見積は、総額と内訳が掲載されているのですが、ホームページ制作会社の見積を予算だけで判断しないことは非常に重要になっており、しっかりと予算を見たあと総額をチェックすることで本当に期待以上のホームページ制作となるのです。

予算感的にはぎりぎり

予算的にはぎりぎり

そしてこのホームページ制作会社が提案する予算感としては基本的にはどの会社もギリギリ頑張っていると思われます。

基本的には弊社の提案する見積書の予算がめちゃくちゃ高いと言われることもありませんし、めちゃくちゃ安いと言われることもなく、通常の価格での販売をしております。

もちろん相見積もりのホームページ制作会社次第では、高くなったり安くなったりすることもあるのですが、しかし基本的には適正価格での販売を行っており、大体大阪の相場くらいの提案ができていると思っております。

そのため、基本的にはこれらの価格にいてはもうしばらくこの予算でホームページを制作していこうとは考えているのですが、しかし実際にかなりギリギリの価格での提案をしております。

基本的にはそのためこれらの価格については、かなり頑張って現在の価格になっているので単純に工数は減らさずにそのままの工数で同じ予算でのホームページ制作というのは現在受けておらず、そして幸いなことにお客さまの中でもそのような要望はなくなってきたと思っております。

企画費が分かりづらい

企画費が分かりづらい

そして最後にホームページ制作には必ずと言っていいほど出てくる企画費やディレクション費、営業費ですが、これらの費用については本当に分かりづらいものになっております。

どういうことかというと、例えば企画にかかる時間や営業にかかる時間はホームページ制作前に理解するのはあまりできないものになっていて、実際に進めて見たら意外と時間がかかったということが良くあります。

そのためこの価格だけは具体的に出せないものになっているのですが、弊社ではホームページ制作費の20%を企画・営業・ディレクション費用にしており、これらの価格をしっかりとしていくことでホームページ制作は成功いたします。

そのため、その話をすると多くの会社さまで言われるのが、そこで利益を出しているのかと言われることがあるのですが、決してそのようなことはなく、もちろん1案件ごとに見ていけば少し利益が上がったということはあるにしても、平均していくとこちらの企画費の予算も大体ぎりぎりであることが多いです。

そのため、今後はこのホームページ制作の企画費をどうすれば適正価格にできるのかを検討して、これらをしっかりと行うことでよりコストパフォーマンスの高いホームページ制作をお客さまに提供できると考えております。

タイトルとURLをコピーしました