ホームページ公開後に行いたいこと

ホームページは制作しただけで成果が出ることはないため、ホームページの運営を行い続ける必要があります。

しかし、ホームページ運営を始める前に、最低限内部SEOについての知識を持って、ホームページ作成会社が作成してくれたホームページがしっかりと内部SEOを行ってくれているかの確認を行うことも重要で、内部SEOをしっかりと行えていないと、更新を行っても期待通りの成果を得ることができません。

そこで今回は、ホームページを公開後最低限行っておきたい、確認しておきたいことをご紹介いたします。

XMLサイトマップ

自社のホームページにXMLサイトマップが設置されているかを確認します。

XMLサイトマップとは、検索エンジン用のサイトマップになり、ホームページのURLと更新日時が記載されているxml形式のファイルになります。

このXMLサイトマップを作成し、トップページと同階層にデータをアップすることで、検索エンジンにウェブサイトの全ページの情報を送信することが可能になります。

自社のウェブサイトにXMLサイトマップが設置されているかの確認方法は、当ホームページであれば、「https://website-create.biz/sitemap.xml」とブラウザのURLバーに入力し、エンターを押します。

404 NOT FOUNDであれば設置されておらず、URLや日付が記載されているページが開けば設置されています。

もし、自社のウェブサイトにXMLサイトマップがなかった場合は、XMLサイトマップの作成し、ファイル名をsitemap.xmlとしてトップページと同階層にアップしなくてはなりません。

ロボットテキスト

自社のウェブサイトにロボットテキストが設置されているかの確認をします。

ロボットテキストは、検索エンジンへの指示書になっており、検索エンジンに認識してほしくないページの指定や、検索エンジン用にXMLサイトマップの設置場所の記述などを行えます。

ロボットテキストは、一般的には、以下のように記述します。

User-agent: *
(1行開けてください)
Sitemap: https://website-create.biz/sitemap.xml

また、ワードプレスで制作されたホームページの場合は、以下のようになります。

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php
(1行開けてください)
Sitemap: https://website-create.biz/sitemap.xml

https://website-create.biz/の箇所は、自分のホームページのアドレスにして、ファイル名をrobots.txtにして、トップページと同階層に設置します。

グーグルサーチコンソールの導入

グーグルサーチコンソールとは、検索エンジンのグーグルが提供するウェブサイトやSEOの問題点の発見ができるツールになります。

グーグルサーチコンソールを導入していない場合、ホームページ内部の問題やSEO上の問題を知ることができないため、効率の良いSEOを実施することはできません。

そのため、もしホームページ制作会社からグーグルサーチコンソールについての説明がなかった場合は、グーグルサーチコンソールを導入してくれているのかの確認をし、導入が有料の場合は、弊社のブログにあるグーグルサーチコンソールの導入・活用法のページを参考に導入することをお薦めいたします。

グーグルアナリティクスの導入

グーグルアナリティクスとは、グーグルが提供するアクセス解析になります。

グーグルアナリティクスを導入することで、ホームページの状態を数値データとして提供してくれるため、ホームページが抱える問題点の発見が効率的に行え、ホームページの改善を理論的に行うことが可能です。

こちらも同様に、ホームページ制作会社に導入しているかどうかの確認をしなければなりませんが、多くのホームページ制作会社が無料で導入してくれるツールになるため、導入していない場合は、依頼するようにしましょう。

万が一有料と言われた場合は、ページ数にもよって価格は異なりますが、弊社であれば、50,000円前後での対応が可能です。

ビングウェブマスターツールの導入

ビングウェブマスターツールとは、検索エンジンのビングが提供するSEO分析ツールになります。

ビングは、日本において、グーグルとヤフーの次にユーザ数の多い検索エンジンになるため、ビングウェブマスターツールの導入も行っておいた方が良いと言えます。

こちらは、あまり導入をしてくれるホームページ制作会社はいないため、自分で導入しなくてはなりませんが、アカウントを取ってファイルをアップロードするだけで導入が可能です。

弊社で導入をご依頼いただける場合は、20,000円前後で対応が可能です。

メタディスクリプションの確認

メタディスクリプションは基本的にはホームページ制作会社が入れてくれていますが、もしメタディスクリプションが入っていない、または全ページで同じものが入っている場合は、追加・変更していかなくてはなりません。

メタディスクリプションは、検索結果の上位表示対策としては、一切効果はありませんが、検索結果ページのクリック率に大きな影響を与えます。

ユーザは検索結果ページからホームページに訪れる際には、タイトルだけではなく、タイトルの下の3行も閲覧して訪れています。

そのため、そのページの要約を100文字から150文字程度でまとめておくことで、ユーザのクリック率の向上を図ることが可能になります。

まとめ

ホームページ公開後にお客さま自身で確認いただきたいことをご紹介いたしました。

今回ご紹介したことは、基本的なSEOの一部になっており、これをやれば検索結果で上位に表示されるということはありませんが、中長期的な運営を行ったときには、必ず差が生まれます。

ぜひ、ホームページを立ち上げたばかりの方は、今回ご紹介させていただいたことをご確認いただけましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました