グーグルアナリティクスを利用しよう

グーグルアナリティクスを利用しているでしょうか。

グーグルアナリティクスとは、グーグルが提供するアクセス解析になっており、このグーグルアナリティクスを利用することで、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

このグーグルアナリティクスは、無料で利用することが出来、基本的にはタグを導入するだけで利用することができるので、すべての企業サイトに導入したほうが良いツールになっております。

ただし、ツールを導入してもただデータを眺めているだけでは成果が出ることはないので、ツールを導入し、グーグルアナリティクスが示すデータを使ってホームページを改善していくことを考えながら、チェックしていく必要があります。

今回はグーグルアナリティクスを利用するメリットなどをご紹介いたします。

グーグルアナリティクスとは

グーグルアナリティクスとは、検索エンジンのグーグルが提供する原則無料のアクセス解析になります。

このグーグルアナリティクスを導入することで、ホームページが抱える問題点を抽出することが可能になり、その問題のあるページを改善することで、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

このグーグルアナリティクスは導入も簡単になるため、ぜひともすべての企業さまに導入いただきたいサービスになっております。

グーグルアナリティクスの導入は簡単

このグーグルアナリティクスは、ある程度ウェブサイトに触れている方であればだれでも簡単に導入することが可能です。

このグーグルアナリティクスにおいては、グーグルアカウントをお持ちであれば、グーグル検索で、グーグルアナリティクスで検索を行い、導入するホームページを指定して、計測用のタグを発行し、それをホームページのすべてのページに張り付けるだけで完了いたします。

この作業はメールアドレスをお持ちで、ウェブサーバーへのアクセス権限がある方であれば、どなたでも手軽に行うことが可能になります。

このタグはボディータグ直後に記述することが一般的になっており、ボディータグ直後に記述することで、正確なデータを収集することが可能になります。

タグ導入後2.3日様子を見る

このタグを導入後、一般的に間違いがあるということはないのですが、しっかりとデータが蓄積されているかを確認しなくてはなりません。

一般的に弊社では、ホームページ制作後にこちらのタグを導入して、2,3日後にグーグルアナリティクスの管理画面にアクセスし、データが落ちているかを確認いたします。

リニューアルや新規制作直後であれば、すでに取引のある方などにメールアドレスをお伝えすると思いますので、そのアクセスが集計されているかを確認します。

これまで経験はありませんが、万が一、データが落ちていない場合においては、グーグルアナリティクスのタグを導入し直さなくてはなりません。

ここまでしっかりと行うことで、正確に確実にグーグルアナリティクスのデータを落とすことが可能になり、本当に有効なグーグルアナリティクスとすることが可能になります。

陥りやすい罠

グーグルアナリティクスを利用している企業さまは多くいらっしゃいますが、まず最もよく聞くのが、導入はしてもらっているが一度も見たことがないと言うものになっております。

導入はしたけれども一度も見たことがないというのは、非常に残念なものになり、例えば自社のホームページのアクセス数が月間でどれくらいあるのかや、訪れる訪問者の媒体はどのようなものなのか、そしてどのような検索で訪問しているのか、直帰率はどれくらいで、高いページはどこなのかを把握しておく必要があります。

そしてこの把握は行っているがホームページの改善に利用していないというのが次に多くあり、この利用していないというのは弊社でもグーグルアナリティクスサービスを提供しておりますが、数ヶ月に一度訪問をさせて頂き、分析データを報告して、その結果の改善提案を行っても改善までは行わないということが多くあります。

そうなってしまうと、1回目のご説明と2回目のご説明がまったく同じものになってしまい、アクセス解析サービスの予算を他に回したほうがいいのではないかと言う結果になるのです。

そのため、グーグルアナリティクスは使わなければ成果の出るものではなく、さらにはホームページ運営を行わなければ結果が向上することはありませんので、しっかりとグーグルアナリティクスの数値データを確認して改善を行っていくことが大切になります。

予算をかけて分析しているが利用していない場合

もし、予算をかけてアクセス解析サービスを受けている場合で、運営まで予算が回らない場合においては、アクセス解析サービスの解約をしてしまい、ホームページの更新業務に予算をシフトさせたほうが良い結果を生みます。

一般的に弊社がこれまでお客さまにヒアリングをした結果ですが、ホームページ制作会社でアクセス解析を専門に行われていない場合は、月額で20,000円程度と言うのが多いイメージになります。

2万円であれば、そこまで行うことはできませんが、例えば1年間に1度少し大幅な改修と考えれば予算的には24万もの予算が取れるため、そうなってくるとかなりさまざまな改修を行うことが可能です。

基本的にはデータを活用したホームページの運営でなければ運任せにはなるのですが、そこは自分でグーグルアナリティクスを確認して、このページが問題ではないかとホームページ制作会社の営業マンと話し合いながら、回収を行うとよいでしょう。

まずは直帰率を見よう

グーグルアナリティクスで重要な指標に直帰率と呼ばれるデータがあります。

この直帰率については、一般的に何も行っていないホームページでは、70%や80%を超える数値になっておりますが、改善をしていくことで、40%程度まで比較的容易に下げることが可能です。

そしてこの直帰率を下げることで、ホームページ全体の数値データが大幅に改善され、御社の期待を超える成果を得ることが可能になります。

もちろん、他のデータも利用したほうがいいのですが、初めてグーグルアナリティクスを利用される方は、是非この直帰率の確認から始められると良いでしょう。

データを活用した毎月のHP運営を

ホームページ運営で大切なのは、数値データを利用することになり、その数値データを利用してホームページを運営続けることで、少しずつホームページの成果を向上させることが可能です。

データを確認せずにホームページ運営を行うと、その改善が成功するか外れるかは運次第になってしまいます。

そのため、しっかりと確認を行って、対策を取っていくことで、ホームページは期待以上に向上をいたします。

アクセス解析「グーグルアナリティクス」は、導入が簡単にできるため、是非この機会にグーグルアナリティクスを導入されてみはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました