自社で更新できるホームページを制作

ホームページ制作時にホームページが更新できるように更新システムを入れることが当たり前になりました。

このホームページの更新システムを入れることで、ホームページ運営費を飛躍的に下げることが可能になり、非常に効率のよいホームページ運営になるのです。

これらをしっかりと行うことは本当に大切になるのですが、ではどのようなホームページの更新システムを入れてどのように更新を行えばいいのでしょうか。

そこで今回はホームページ制作時に必須とも言える、ホームページの更新システムについてご紹介をいたします。

従来はオリジナルシステムを導入していた

まず初めにホームページの更新システムの導入にはオリジナルシステムとワードプレスがあります。

現在は大半がワードプレスになっており、ホームページの更新システムを構築することはなくなったのですが、このホームページの更新システムの構築にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

このオリジナルの更新システム構築のメリットとしては、SEOを細部まで行うことが容易にできるという点になっており、これは実にSEOに効果的であると思われます。

一般的にSEO対策に大切なのはコーディングになっているのですが、このSEO対策を細部にまで行うことで、ホームページの運営効率を飛躍的に高めることができるので、一気にホームページ制作の効果を高めることが可能になるのです。

これらのオリジナルシステムだから容易に行えるというメリットは多く、もちろん弊社ではワードプレスでも同様の仕様で作業を行っているのですが、非常に複雑なものになるため、オリジナルシステムのほうが容易に行えるのです。

逆にデメリットと言えば、構築に費用と日数がかかることになっており、オリジナルシステムの構築は非常い高くこのシステムだけで100万くらいの予算は必要になってしまいます。

そのため、現在はこのオリジナルのホームページ更新システムではなく、既製品のワードプレスでホームページ制作を行うようになりました。

HP更新システムワードプレス

ワードプレス制作は非常に重要になっており、ワードプレスをしっかりとカスタマイズして利用することで、オリジナル更新システム同様の成果を得ることが可能です。

このワードプレスの最大のメリットは基本システムがすでに用意されているものになり、ワードプレスのシステム全体がオープンソースになるため、無料でダウンロードできるものになっています。

これは非常に大きなメリットになっており、基本的には無料ダウンロードができるので、オリジナルのホームページ更新システムの半分以下で更新システムを搭載したホームページを制作可能になります。

現在ワードプレスは、世界でもっとも利用されているホームページの更新システムプログラムになっており、そのため、非常にウィルスのターゲットになってしまいますが、しっかりとワードプレス側でバージョンアップを行ってその対策は万全となっているのです。

ホームページ更新システムを導入したら

原則ホームページの更新システムを導入したらしっかりと更新作業を行わなくてはなりません。

ワードプレスであれ、オリジナルのホームページ更新システムであれ、いくらかの費用は掛かっているため、せっかく予算を出して構築したのであれば、しっかりと更新することが大切になってきます。

これらの更新をしっかりとスケジュール建てて行っていくことで、ホームページの成果は飛躍的に向上していくのです。

記事作成のポイント

では、新規記事ページを作成する際にはどのように行えばいいのでしょうか。

これについては、一点だけ注意点があり、しっかりと原稿を作成すること、そしてさらには画像を利用する際には、本当にユーザのことを考えて画像を張ることになります。

まず原稿があればSEO対策として効果的になりますし、また原稿の質が高ければユーザが成約してくれる可能性が高まったり、さらには被リンクを獲得できる可能性も高まっていきます。

そして画像を張る際には、ユーザが見たときに、ホームページの原稿をより深く理解できるようにすることで、ホームページの成果は飛躍的に高まります。

これらの成果を考えてホームページの更新システムからホームページの更新を行っていくことで、御社の期待を超える成果を得ることが可能になります。

管理画面の更新のしやすさ

ワードプレスであっても、管理画面は本当に更新しやすいものを採用しなくてはなりません。

この更新のしやすさは実際に弊社がワードプレスでホームページ制作を行ったときには、かなりその後のホームページ運営の継続に関わっており、更新がしやすいほうがやはり更新業務が続くものになっております。

ただし、オリジナル更新システムであれば、好きなように管理画面を制作できるので、そこまで問題はないのですが、ワードプレスの場合は原則既製品になるため、管理画面のレイアウト変更にも限界があるため、その範囲で本当に扱いやすい管理画面にしなくてはなりません。

ホームページの更新は更新し続ける期間の長さに依存するため、しっかりと更新のしやすい管理画面にすることが大切になります。

タイトルとURLをコピーしました